2013年10月18日

ワのつく洋酒ファンドの夕べ 2

先日のワファンド与太話 のつづきです。

出資者向けの食事会にまぎれこんだ、超場違いな我々。
招待してもらえたのは後にも先にもこれっきりです。

おいしく食事をいただいたその後は、いい夢みれたね〜程度の記憶として、すっかりそのファンドの存在を忘れておりました。 


ところがある日偶然、母がそのファンドの記事を雑誌か何かで見かけ、
 「これってあれだよね? ほんとのところどうなのかね?」
という話になりました。

ちょうど私も貯金がぼちぼちできてきた頃で、気が大きくなっていたんでしょうね。
なぜか
 「あのとき隣の人も儲かるって言ってたし、ちょっとやってみない?」
という流れになってしまいました。(反省)
結局母と私それぞれでお金を出し、勢いで購入してしまったのでした。 


Wファンド
(今回ファンドから送られてきた書類)


初心者怖いものしらず。 
まあ、あのおじさんが関わってるならヤバイものじゃないでしょ、的なノリ。
 (もちろんそんな保証はどこにもありません。)
あと現物投資なので、最悪目減りしても、株みたいに価値がゼロにはならないだろうという思いもありました。

おじさんには内緒で申し込みをしたはずが、なぜかあっけなく全バレ。
 あんたたち大丈夫なの?お金ないくせに…みたいに思われてる気がしました。 


私が出資したそのファンドは、設定から2年6ヶ月が経過しました。 
満期償還までようやく半分来たところです。 

運用状況はたまにでる報告書で確認するのみで、毎回ヒヤヒヤしています。
特に怖いのが為替の影響なんですよね。
ユーロ/円の影響をかなり受けるので、今は持ち直してきましたが、一時損益がマイナスに傾いた時期もありました。
あと主要な売り込み先が中国のため、あちらの経済状況にもかなり左右されそう。

中途解約すると損しそうでそれもできず、心臓に悪いです。 
一部解約っていうのはできるのかな……?
なんかあんまりできなそうな雰囲気だったな。

もう、こういうのってほとんど博打の世界ですよね。 

この商品はたぶん、本当にお金がたくさんある人が、分散投資の一貫で、あくまでもアクセントとして投資するような代物なんでしょうね。 
確かに値動きは他のものとちょっと違う雰囲気なので、分散効果はあるのかもしれません。 
でも今のままの募集スタイルだと、お金持ちでない人間は火傷する可能性があるので、安易に手をだすのはやめたほうが良いと思います。
 
幸いいまのところ、私が出資している商品にはある程度の利益が出ているらしいのですが、先のことはまったくわかりません。
庶民にとってこんなにストレスのたまるファンドには、もう当分関わりたくないと思います。 
償還されるのを首を長くして待っている毎日です。 


ところでこの出資者向け食事会ですが、コスパの良さで近年出資者に大人気のようです。
参加資格があるのは出資者本人と、同伴者1名のみ。
最近は希望者多数のため抽選制になることが増えてきました。 
コネで混ぜてもらうなんて、今では絶対無理でしょうね。 


【おねがい】
 当時も今もこのファンドの内容をきちんと把握していない部分があるので、書かれている内容に誤りが含まれている可能性があります。 
 興味を持たれた方はきちんとご自分で調べ、理解されてから購入等されることを、強くお勧めします。 
 全ての投資は自己責任で。 
 よろしくお願いします m(_ _)m


ランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

posted by えむ at 12:00| 資産運用- そのほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。